お知らせ記事キャリアパスを意識すべきIT業界

転職活動には正しい心構えを持つことが原則

心構えをしっかり持とう

Pocket

お金ばかり気にしない

現在の社会は離職率が上がっていることと、インターネットなどの普及から転職サービスの広告を目にする機会がとても多いです。その中でよく「年収が300万円から500万円にアップしました」というような表現を見ることがあります。しかし、年収が転職を行ってすぐにアップしたというケースは多くありません。求人をする側として、即戦力のスキルを持った人ですぐに活躍をしてもらうことを求めていることが多く、実際に働き始めてからでないとそのスキルがどれだけのものでどれほど活躍してくれるのかがわからないためです。また、後から入社した人が既存社員の年収よりも高い年収になっては示しがつかないこともあります。
このような理由から最初に提示する金額は低く抑えて、実際の活躍を見て判断していくといったケースがほとんどです。

お金ばかり気にしない

退職時期を考える

転職先のことばかりを考えてしまいがちですが、同じバランスで現在の職場を退職することもよく考えておく必要があります。転職活動を進めていき内定をもらうことができれば、そのタイミングで働くかどうかの判断が求められます。そして働くことを決断した場合は入社日も決める必要があるので、現在の職場との退職交渉をすることになります。
もしこのタイミングがとても忙しい時期や責任がある仕事を任せられたばかりであれば、当然退職交渉は難しくなってしまい、両方の職場に対して迷惑をかけることになります。現在の自分の立ち位置をよく確認して、退職時期をよく考えて動きましょう。

退職時期を考える

理想を明確に持つ

退職理由の多くに「人間関係」がありますが、人間関係で悩んで決断する場合には早く辞めたいという思いが先立ってしまいます。よって今の職場を辞めることができたら次の職場はなんでも良いという考え方になってしまいがちです。もちろん人間関係はただの例であって、早く辞めてどこでも良いから働きたいと考えてしまう退職理由はいくつもあります。
しかし、このような考え方では転職をすることができたとしても同じことを繰り返す可能性が高いです。転職活動を行う前に、しっかりと自分が希望する職場やなぜ自分は転職をしたいのかといったことを明確にする必要があります。

理想を明確に持つ

本を参考に

転職活動に向けて以上の3つの心構えをしっかりとしておくことをおすすめします。転職をする上でお金ばかり気にしないこと、退職時期をよく考えること、そして自分がなぜ退職をしたいか、この3つの心構えはとても大切になります。
この心構えの他に、転職を後悔しないものにするために参考になる本をおすすめしますので興味のある方はご覧ください。

キャリア採用のプロたちが教える 後悔しない転職 7つの法則 キャリア採用のプロたちが教える 後悔しない転職 7つの法則 多くの企業の人事担当やキャリアコンサルタントなどの転職に関わる人たちと交流して、転職市場の実態に詳しい筆者が後悔しないための転職の法則について書いた本です。

本を参考に

一緒に読みたい!人気記事ランキング