お知らせ記事心構えをしっかり持とう

営業職の転職活動では理解を深めることが重要

理解を深めることが大切な営業職

Pocket

営業職で転職する心構え

一口に営業と言っても本当に様々な営業の種類があります。医療メーカーの営業であったり、保険の営業、不動産の営業といったそれぞれの業界に必ず営業職は存在しており、仕事内容も様々です。営業職の転職において準備段階ですることは、まず営業という職業は多種多様であることを理解することです。
今まで営業をしていたとしても、現在の仕事に対しての営業知識があるだけであり、他の業種の営業に就いたらまた一から知識をつけていくことになります。営業をする商品などの知識や情報は経験がある人の方が有利になることは間違いありません。しかし、経験者であればあるほど自分は営業を知り尽くしているかのような気分になり驕る傾向があります。よって、営業職の転職には油断することなく、仕事が変わればまた一からのスタートとなることを忘れてはいけません。

営業職で転職する心構え

どういった仕事を目指すか

営業職についてよく理解した次は、自分が目指す仕事を決めましょう。営業に対して経験があってもなくても、どのような仕事が向いているかというのは計りづらいものがあります。未経験者はもちろん、経験者でも自分が経験していないジャンルの営業は向いているかどうかの判断は難しいです。そのため、自分がしてきた活動を振り返って向いている仕事内容を探すことをおすすめします。例えば、細かい気配りが得意な人は新規の仕事を取る営業よりも、付き合いのある人たちに向けたルート営業が向いていることがわかります。
そして自分の目指したい仕事を決めることができれば、決めた理由がそのまま面接で使える理由になり、志望動機を「こういった活動をしてきたことから、この営業に関して向いていると考えたため」と説明することができます。自分が向いていると考えられる仕事を把握することは、自分をアピールする理由を探していることにつながります。

どういった仕事を目指すかし

営業職に求められるもの

次は実際に転職活動を行っていく際に、営業職に求められるものを理解しましょう。志を高く持つだけではなく、目指すために現実的に必要なものを身につけましょう。営業職に求められるものは身だしなみやコミュニケーション能力といった当たり前のものはもちろんです。しかし、意外と意識されていないものに、「普段の生活から多くの情報に触れておく」ことがあります。営業は相手が食いつく話題を知っておくことが重要になりますので、相手が興味を示す話題について対応できるようにしましょう。インターネットや新聞といった多くの媒体を通して情報を仕入れて、仕入れた情報をすぐに使える能力が求められます。

営業職に求められるもの

一緒に読みたい!人気記事ランキング