お知らせ記事自分の不安を取り除く準備が大切

介護業界で転職活動をする際は事前調査をしよう

事前の下調べが鍵となる介護業界

Pocket

介護業界の転職

介護業界は給料が低い、仕事がつらいなどの労働条件が悪いイメージがあります。そのようなイメージがついてしまっていることから、未経験者が介護士という仕事に対して不安を抱くことは少なくありません。ただ、全ての介護士が「給料が低くてつらい」と思って仕事をしているかと言われればそうではありません。労働条件が悪いと思って働いている人が全てではないです。充実した仕事を長年続けている人もいますし、給料に満足している人がいます。
労働条件が悪いというイメージがついてしまっている介護業界ですが、このような人たちがいるということは、逆に良い職場が存在し、向いている仕事だと感じられる人がいるということでもあります。ですので、最も重要なのは良い職場で働けるかどうかと言えます。介護業界の転職について理解していき、せっかくなら良い職場で働きましょう。

介護業界の転職

給与について

介護業界は給与が低いイメージがありますが、実際にしている労働の割には確かに低いと言えるかもしれません。そのため、転職する際のポイントとして給与の面があります。仕事内容に給料が見合っていないことはモチベーションの低下につながります。そして、昇給や各種手当などがしっかりとしているかどうか、交通費に関してはきっちり出るかどうかといった情報を収集しましょう。

給与について

施設見学のすすめ

介護の仕事は多くの人と連携しながら進めるため、チームワークが求められます。しかし一方で多くの人と関わる分、人間関係が悪い職場で働くことになると仕事が苦痛になります。人間関係を事前に把握しておくために施設見学をおすすめします。施設見学で職場を見ておくことで、挨拶の仕方や職場の雰囲気を知ることができますので、厳しい人間関係の中に放り込まれるリスクは減ります。

施設見学のすすめ

業務内容の確認

介護業界の転職で意識して欲しいポイントとして、転職先の業務内容があります。特別養護老人ホームで働きたいのか、それともグループホームで働きたいのかなどの、自分が働きたいと思える仕事ができる職場を選びましょう。そしてレクリエーション担当の有無など、施設によって仕事内容が異なりますのでその辺りもよく確認すべきです。
そして、自分が将来的に介護業界を通してやりたい仕事を考えましょう。介護といっても様々な仕事内容がありますので、転職先で行った仕事が今後活きてくるのかどうかをよく考えて転職先を決めます。自分にどのような施設が向いているかわからない、したい仕事がわからないといった状態で転職活動を進めることはやめましょう。

業務内容の確認

一緒に読みたい!人気記事ランキング